個人投資家とは株式投資の利益を生活費に充てない

多くの人は株式投資を行なっていると聞けば、その利益で贅沢に生活をしていると考えるようです。しかし、実際は多くの個人投資家とはサラリーマンをしながら株式投資をしていているだけで、日々の生活費はサラリーマンの給与収入の範囲内で生活をしているのが現実なのです。
つまり、株式投資で儲かった利益は生活費にはまわらないのです。では、いったい株式投資で得た利益はどのにいってしまうのでしょうか。それはまた株式投資にまわされるのです。つまり、株式投資で利益が出るとそれを自分で使わずにさらに投資にまわすのです。
このようなサイクルで株式投資をやると金融資産は増加しますが生活は優雅にはなりません。ですから、株式投資で金融資産を増やした人というのは持ち物や生活態度なの表面的に見える部分だけ見ると一般庶民とかわりがないのです。
ですから、株式雑誌登場する株式投資で金融資産を増加させた個人投資家というのは、お金は待っているかもしれませんが生活態度はかなり質素なのです。http://xn--eckr1ktbwbo7c1694emx6d.xyz/kireimo-kouka.html