2017年のスポーツを振り返る〜8月編〜

1:第99回全国高校野球選手権大会で花咲徳栄が埼玉県勢として初優勝。
関東地方(山梨を除く)で唯一、夏の選手権で優勝経験のなかった埼玉県にとって、
初の真紅の大優勝旗が花咲徳栄高校によってもたらされた。
ちなみに選抜大会は大宮工業と浦和学院が1度ずつ紫紺の優勝旗を埼玉県にもたらしている。
また、広島・広陵高校の中村奨成が清原和博(PL学園)の持っていた1大会本塁打記録(5本)を
32年ぶりに塗り替える1大会6本塁打の大会新記録を樹立。
また大会期間中の全48試合の総本塁打数も68本を数え、これも大会新記録。本塁打に沸いた大会となった。

2:FIFAワールドカップ2018ロシア大会にSAMURAI BLUEが
6大会連続6回目の出場を決定。
ホーム・埼玉スタジアムで出場権争いのライバルだったオーストラリアを破って出場決定。
万一敗れていた場合、最終戦がアウェイのサウジアラビア戦だっただけに、この試合で決めた意味は大きかった。ミュゼ 無料