最近いい感じ、機械はニガテなので地道にやります

最近調子がいいなぁ。フェイスブックの記事投稿をほぼ毎日していますが、友達が増えてきたのもありますが、「いいね」も前より増えて来たのを感じます。もちろん押しているだけの方もいるでしょうけれど、イベントを開催しているので少しでも情報が拡散される可能性が増えたのはやはり嬉しいです。今はビジネス的にラインとブログを使いこんでいる方もいますが、機械に詳しくないし、「商品」と呼べる内容でもないので地道に人を知ってもらうしかないと思うんですよね。フェイスブックで繋がった方とコラボしたりと以前よりは活動も活気があるようになってきました。少しでも実績を積むことが大事だとも思います。知り合いとやりとりすることも増えたのでそこも前より充実していると思うんですよね。まだまだファンを掴むというところまでは行ってませんが、応援してくれる方は増えた気がします。もっといいやり方があるんでしょうけれど、自分に無理がないようにするのも大事だと思います。とりあえずひとつずつ楽しみながら頑張ります。キレイモ カウンセリング

2017年のスポーツを振り返る〜8月編〜

1:第99回全国高校野球選手権大会で花咲徳栄が埼玉県勢として初優勝。
関東地方(山梨を除く)で唯一、夏の選手権で優勝経験のなかった埼玉県にとって、
初の真紅の大優勝旗が花咲徳栄高校によってもたらされた。
ちなみに選抜大会は大宮工業と浦和学院が1度ずつ紫紺の優勝旗を埼玉県にもたらしている。
また、広島・広陵高校の中村奨成が清原和博(PL学園)の持っていた1大会本塁打記録(5本)を
32年ぶりに塗り替える1大会6本塁打の大会新記録を樹立。
また大会期間中の全48試合の総本塁打数も68本を数え、これも大会新記録。本塁打に沸いた大会となった。

2:FIFAワールドカップ2018ロシア大会にSAMURAI BLUEが
6大会連続6回目の出場を決定。
ホーム・埼玉スタジアムで出場権争いのライバルだったオーストラリアを破って出場決定。
万一敗れていた場合、最終戦がアウェイのサウジアラビア戦だっただけに、この試合で決めた意味は大きかった。ミュゼ 無料

浅草マルベル堂は気になるプロマイドのお店です

安住さんのぴったんこカンカンを見ていたら浅草のマルベル堂が出て来ました。
このお店は最近私が気になっている店の一つです。
ブロマイドだと思っていたのですが、この店ではプロマイドというそうですね。
番組の中では昭和のアイドルになりきってプロマイド撮影をしていましたが、私は自分の顔が嫌いなのでさすがにこのサービスはやりたいと思いません(苦笑)。
私が興味があるのは昔懐かしいスターやアイドルの写真達です。
私は東京住みではないので行ったことはありませんが、通販も利用出来るそうなので通販で買ってみたいなと前々から思っていました。
以前は桂歌丸さんの若い頃のプロマイドが欲しいなと思っていたのですが、最近は夢中になっているアイドルの岡田有希子さんの写真が欲しいです。
岡田さんの写真は特にお店の中でも売れてるらしいので、今でも根強いファンが沢山いることに驚かされますね。
暇さえあればサイトを眺めてどれを購入しようか迷ってしまっています。

うちだけではなくどこもよく似た環境でした

小学校の高学年の息子と低学年の娘がいますが、息子と娘の学用品の取り扱い方の違いの差があります。息子は絵の具やクレヨンなどは乱雑に扱い、クレヨンは半年ほどで買い替えるほどでした。それに引き換え、娘は丁寧に扱い片付けもきちんとできていたのです。小学生ともなると幼稚園の時に比べて保護者も顔を合わす機会がぐっと減り周りではそのような話はあまりすることはありませんでした。
ですが、この間私の同級生の娘さんが小学校を卒業して制服を持ってきてくれた時にしばらく話していたのですが、うちとは逆で女、男という順番の家庭で学用品の扱い方の違いの話が出てきたのです。娘さんは丁寧に扱っていたので何でも下の子に回せられたそうですが、下の子のはすべて処分しなければならないほどらしいのです。うちと同じような環境で「分かる、分かる」という風に共感し合いました。たまにとても丁寧に物を扱える男の子がいますが大半が雑に扱うのではないかと感じました。

個人投資家とは株式投資の利益を生活費に充てない

多くの人は株式投資を行なっていると聞けば、その利益で贅沢に生活をしていると考えるようです。しかし、実際は多くの個人投資家とはサラリーマンをしながら株式投資をしていているだけで、日々の生活費はサラリーマンの給与収入の範囲内で生活をしているのが現実なのです。
つまり、株式投資で儲かった利益は生活費にはまわらないのです。では、いったい株式投資で得た利益はどのにいってしまうのでしょうか。それはまた株式投資にまわされるのです。つまり、株式投資で利益が出るとそれを自分で使わずにさらに投資にまわすのです。
このようなサイクルで株式投資をやると金融資産は増加しますが生活は優雅にはなりません。ですから、株式投資で金融資産を増やした人というのは持ち物や生活態度なの表面的に見える部分だけ見ると一般庶民とかわりがないのです。
ですから、株式雑誌登場する株式投資で金融資産を増加させた個人投資家というのは、お金は待っているかもしれませんが生活態度はかなり質素なのです。http://xn--eckr1ktbwbo7c1694emx6d.xyz/kireimo-kouka.html

自分が考えた技のしっぷう竜波撃と天聖オーラ撃などの話をします

しっぷう龍波撃とは、龍が波打ちのような動きで、相手をぶつとばす強力な技です。出すまでに、少し気をためてからでないと出せないので、相手との間合いがとれている状態でタイミングよく出すのが理想的です。技を出すためにためるとは、冷静な気持ちで、精神を心の中央当たりに、集める感じをイメージしながらというのが、重要なことで、集中力が、欠けている状態でも出すことはできるのですが、その場合だと威力に劣る為、反撃を食らいやすくもなってしまいます。その状態で、反撃食らいしかも連続技三連撃とかなどを食らうと一気に追い込まれてしまいます。ある意味では、ボクシングで言えばカウンターのようなものになります。相手の力を利用しながら、少しの力で相手を倒すつまり反動力をつかうわけなのです。天聖オーラ撃とは、気を一気に最大限に上げてから倒し、一撃で倒す超強力な技です。しかも短い時間で。当然それだと反撃に転じるスキを与えずに倒すことが出来ます。mobit お金の借り方

本屋で本を買うという習慣が全く無かった人生

海外旅行を目前にして、機内にはモニターがついていない等の情報を得て、5時間に渡る飛行時間をどう過ごすべきか考えていたところ、本を持参して読んでみるという事を思いつきました。
しかし、これまでの人生の中で本屋で本を買う事はもちろん、本を読むという事もほとんど、全くと言っていいほど、やった事はありませんでした。
見切り発車的に本屋に行くも、どの本がいいのか、面白いのか等が検討もつかず、これは本というものに触れた事がないが故に生じる事で、少し恥ずかしくも感じました。
本屋にいる人達は、自分の探している文庫の棚で色々探していたり立ち読みをしたりしていて、その中で私はどの棚にどんな文庫があるのか、文庫のジャンルを見てもよくわからなかったりと、本屋の中をただウロウロするだけで
目的を持って本屋に来ている人達の視線も少し痛く感じました。
結局私が手に取り購入した文庫は、短編小説でテレビなどでも時々やっているミステリー作家のものでした。馴染みあるもので連続ものであれば、最後まで読めそうな気がしたからです。
しかし、この歳になり、本に少しでも興味がわき、行動にうつせただけでも自分の中でちょっとした改革であり、本を読む事で次の何か良い事へと繋がる事も期待しています。

年に数回しか降らない雪の対策は難しいです

関東南部でも、年に数回は雪が降ります。
降るのは1月の中旬から下旬がいちばん多いです。
積もっても10cmか15cmの雪は、東北や日本海側の大雪の地域と比べれば大したことではないと思われがちですが、雪に慣れていないからこそのトラブルもあります。
よくニュースになっているのが電車やバスなどの公共交通機関です。
これは普段より早めに家を出たりすれば何とかなりますが、私がいつも驚くのは、雪が積もっていてもいつも通りに自転車で移動する人がいることです。
少しでも雪が積もっていれば自転車の車輪は普通に動かないはずなのに、毎年転んで怪我をする人がいます。
やっぱり年に数回しか降らないと、怪我をした人のニュースも忘れてしまうのでしょうか?
私は雪の予報が出るといつも靴底に付けるスノースパイクを買おうと思うのですが、やっぱり年に数回しか使わない物を買うのはもったいない気がします。
関東南部の雪はたいてい一日で終ってしまうので、無理矢理出かけないで、家にこもっているほうが安全です。今日借りるキャッシング

大寒の中での雪見をしながらの露天風呂の贅沢休日

何年ぶりとも言う都心でも積雪があった大寒。都心よりも雪が降るところに住んでいるために、積雪は30�pほどあり、車で出勤するも雪や凍結で、いつもより早めに家を出て、ゆっくりゆっくり恐る恐るの運転でした。職場に行けば行ったで雪かきが待っていて、1週間の勤務がいつも以上に疲れました。週末はゆっくりとしたいという思いがあり、疲れを取るのと癒やしを求め、温泉に行こうと考えました。でもあまり遠くだとまだまだ雪道なので、あまり遠くなく行けて入浴料もあまりかからないところ、それでいて露天風呂があるところを検索しました。ここがいいかなと思うと評価が「3」となっていて、写真に騙されてはいけないのかなと、他を探すことに。口コミはついつい気にしてしまいます。円〜600円くらいで探していたのですが、結局800円の入浴料のところへ行くことにしました。実際は割引クーポンがあり750円で入浴。内風呂より露天風呂の方が広く、温かいお湯のお風呂、ぬゆま湯のお風呂、水風呂、そしてサウナがありました。天気は残念ながら曇りではありましたが、ヒンヤリとした空気にまだ雪が残っている景色の中、お湯に入るというのは何とも気持ちが良かったです。お湯も良く、入っているだけでお肌がツルッとした感じがし、空も見上げながらゆっくりとお湯に浸かり疲れが癒やされました。何とも贅沢な休日だったのかなと思います。キレイモ 流れ

性におおらかな日本人に不倫がダメとは無理な話

芸能人は不倫をすると、視聴者やファンに謝罪をするのだ。
わたしは、芸能人じゃなくてよかった。たとえば、わたしが不倫をしたとしてらバレたとしても、誰に謝るかな、きっと旦那は謝れとは言わずに、ササッっと消えるであろうし、友達もみんな、アホだねと笑うのだと思います。
不倫はいけない、これは日本人には本当は合わない約束。
日本人は昔からの書籍でもわかるように、性については、どこの国より寛容で、おおらかなのです。
夜這いもあった、地域によっては、その地域の人みんなで子育てをしていた記録だってある。
誰の子でもみんなで愛して、育てる。そんな日本なんです。

不倫は、いけない事。やっぱりパートナーを裏切ることで、周りからの信頼も薄れるのかもしれない。

でも、出会ってしまったら?大好きで大好きで、走ってしまいそうになるでしょう。
でもきっと、それはパートナーがいて、居場所があるからの楽しみ、よーくよーく見ると、自分が独身だったら、眼中にも入らないような相手かもしれない。